口コミで大人気!低金利の準大手消費者金融のランキングを一覧表で紹介

金融屋
最終更新日 2016/9/30

中小消費者金融のメリット

準大手消費者金融は、大手金融会社のように借入審査が厳しくないというのが最大のメリットです。大手消費者金融は基本的に借入件数が3件以上なら審査に通りませんし、総量規制対象者や専業主婦も同様です。

低金利と銀行atmが使えるというのは魅力的ですが、審査の点が難点になります。その点、準大手や中小のキャッシングローン会社は、甘いところだと借入件数が6件以上でも審査に通りますし、厳しいところでも4件程度なら問題無しです。

金利では大手サラリーマン金融には負けますが、上限金利(18.0%)以内で貸出してますし、平均で15.0%前後に設定されています。サービスの点でも即日融資や一定期間利息のいらない無利息ローンといったフリーローンもやっています。

女性には女性スタッフ対応のレディースローンがお奨めです。大手消費者金融もレディースキャッシングの部門がありますが、準大手消費者金融の女性ローンも決して引けを取っていません。低金利ですし、厳しい取り立てもありません。

アコムエニーキャッシングクレジットカード

審査の甘いキャッシング会社

借入件数が4件を超えると多重債務者扱いとなり、金融会社にとっても要注意人物とみなされます。特に大手消費者金融では絶対審査に通りませんし、審査が厳しい中小サラ金でも通らない場合もあります。審査が厳しくなる理由として、多重債務者になると毎月の支払い額が大きくなり、収入の範囲では収まらなくなって、新規で借金をして借りたお金を返済に充てる人がいるからです。こういった行為を通称「自転車操業」と言いますが、現実は単なる時間稼ぎであり、借金が増える一方になってしまいます。こういった人に融資をすると、返済不能になる危険性があることから、金融業者は融資に躊躇をしてしまいます。ただ、そういった多重債務者を専門にお金を貸している準大手消費者金融もあることに注目です。そういった業者は、大手や銀行系のキャッシング会社で審査に落とされた人を狙って顧客獲得をしています。何度も融資を断られた中で、審査を通してくれる金融会社は、顧客にとって大変有り難い思いにかられるのが通常で、優良客に化ける可能性を秘めているわけです。そういった期待を込めて、準大手消費者金融は多重債務者を相手に融資をしているのです。

激甘

クレジットカードとデビッドカード

クレジットカードを保有することは、社会人になった証としてのステータスのみでなく、各種支払いに利用することが出来ます。また、楽天カードのようにあ使用すれば使用するほどポイントが貯まるシステムになっているのも合理的といえるでしょう。ただ、簡単にカードを提出するだけで商品の購入ができてしまうことから、ついつい無駄な物まで買ってしまうことが少なくありません。そして、月末の支払日にきたらお金が足りなくなって、準大手消費者金融でキャッシングをして返済に充てるといった若者が後をたちません。そういった行為を繰り返していると、借金が雪だるま式に増えていき、やがては自己破産に陥ってしまうことになります。自己破産などの債務整理をしてしまうと、せっかく作ったクレジットカードを手放すことになってしまいますし、今まで作り上げてきた信用もゼロになってしまいます。そういった地獄を見ないためには、クレジットカードよりも預金の範囲内でしか使えないデビッドカードや、プリペイドカードなどが手堅いと思います。範囲内でしか使えないことは少々不便なこともありますが、絶対破産しないことも重要な要素かと思います。
新着金融情報
2015/1/3
審査基準の甘い消費者金融一覧を更新しました。
2014/12/11
専業主婦対応総量規制対象外キャッシングを更新しました。
トップへ戻る