消費者金融

準大手消費者金融

金融の豆知識

本人確認について

消費者金融でお金を借りる際、必ず本人確認の提出を求められます。他人がなりすましてキャッシングをする詐欺行為も考えられるからです。本人確認は、貸金業者の債権保全のためと不正防止や多重債務防止のためにも、その重要性が確認されています。本人確認をする資料については、運転免許証、パスポート、社員証といった顔写真付きの証明証が優先となり、顔写真のない健康保健証は正確性の点で問題があるので、複数の添付資料(公共料金の領収書)が必要となります。ただ、申込書に実印の捺印と印鑑証明書の添付があれば、問題がありません。なお、本人確認書類のない人の場合、自己申告に基づく属性状況を確認することになりますが、氏名や電話番号、勤務先などを所在確認在籍確認によって確認されます。もしも氏名や勤務先を偽っていれば、この時点で契約不履行とされてしまいます。

最強の組み合わせ

本人確認を実行する資料の提出も出来なくて、属性状況の確認も出来ない場合は、審査をすることが出来ませんので、どんなに審査がゆるい消費者金融といえども、落とされることになります。最低限でも本人確認だけは必要ということです。貸金業者にとっても本人確認をしていない申し込みは、絶対受け付けられないからです。本人確認をする上で最強の組み合わせは、運転免許証+社会保健証になります。運転免許証で本人確認が取れますし、その上社会保健証があれば勤務先の在籍確認にもなるからです。この両方があれば、通常どのような大手消費者金融でもキャッシングが可能です。逆に一番信用が弱いのは、国民健康保健証のみという場合です。これだけでは、顔写真もないので本人確認も取れませんし、自営業でもないのに国民健康保健証では定職に就いていないのがバレバレです。おそらく、審査に通るのは困難かと思います。
トップへ戻る